スキーが上達しない理由:カテゴリー

楽な滑りをしていませんか!

コメント(0)  | トラックバック(0)


スキーをするいじょう上達したいですよね。スキーでなくてもスポーツをするからには上を目指さなくては楽しくありません。僕はショートターンが苦手でした。気持ちのいい中回りのパラレルターンが好きでしたので・・・・・。狭い斜面になるとビビッてました。

やっぱりショートターンが出来るようになると余裕で滑れるようになりました。悪雪でもアイスバーンでも、特に急斜面やコブ斜面には「変幻自在ショートターンテクニック」が絶対に出来なくてはスキー上達はあり得ません。



僕もそうでしたが、長い壁を抜けるまで自分の気持ちのいい滑りばかりをしていました。好きな斜面で圧雪された所を選んで楽な滑りをしていましたね。

そうです。その方が気持ちが良かったんです。ですから、アイスバーンコブ斜面の所は自然と避けて滑るんですね。 綺麗な滑りが出来ないことが分かっているからです。

緩斜面から急斜面へとかわる場所では、みんな立ち止まっている箇所ありますね。そこを何気もなく立ち止まらないでス~ット滑っている上級者を見て羨ましく思うことありませんでしたか?

技術的なレベルが上がると「快感」です。みんなが立ち止まっている斜面を涼しい顔で通り抜けていく滑りが出来るといいですよね。コブコブであろうと、深雪であろうと悪雪でもです。

そのためには、楽な斜面で楽な滑りばかりしていては、上達は望めません。それでは上達するには、どうしたらいいのか?

変幻自在なショートターンテクニックを覚えるしかありません! skisyoto.jpg にほんブログ村 スキースノボーブログへ
にほんブログ村←参考になりましたら応援"ポチッ"と、よろしくお願いしますm(__)m

今シーズンは、リゾートバイト登録は無料なんでリフト券付きレンタル無料のリゾートバイトの登録しました\(^o^)/
skityu.jpg


苦手な滑りを克服するには

自分自身の滑りを分析してみましょう。なぜ急斜面に弱いのか。悪雪になるとこけるのか。
コブ斜面は滑れない。アイスバーンは怖い。色々ありますが、原点は一緒です。

phm02_0530-s.jpg分かっている事実は、ターンの性能が悪いという事です。パラレル、中パラレル、ウエデルン今の呼び方は、パラレルターン(大回り、中回り、小回り)といいますが、やることは今も昔も一緒ですね。

いかに、自分でスキー板を操作できるかです。斜面の流れにそって滑るのですが、自然にほっておいても板は上から下へ滑っていきます。変に力をいれなくてもです。この自然の力を利用するだけでもターンはできます。

しかし、それだけでは、悪雪やアイスバーンといった斜面にいくと安定した滑りは難しくなります。どしたら、安定したターンができるようになるかです。

それには、ターンのきっかけをどうするかを覚えることです。練習方法としては、斜滑降から軽くジャンプしてターンをして見ましょう。

どうでしたか?ターンがスムーズに出来た方は、小回りターンまで近いです。練習をすれば小回りターンの連続が出来るようになります。

出来ない方の方が多いと思います。ジャンプしてスキーの板が最大傾斜線(スキー板のトップ
が斜面の下を向く)へスムーズに向くまでの過程が一番怖いところです。

ilm2007_01_0743-s.jpg上から見て、左から右へ向いて斜滑降をしてジャンプします。そして、左のスキー板から右のスキー板に加重が変わります。ココが大切な箇所です。大抵の場合ここで乱れます。足が開いたり、加重が左に残ったままで回転につながらないのです。

スキーのターンの精度を上げるには、この箇所をいかにスムーズに出来るようになるかにかかっています。「ターンの切り替えしをどうやるか」です。書いていて思ったのですが、ゴルフをされる方は、分かると思いますが、バックスイングからダウンスイングの切り替えしと同じです。

ilm2007_01_0742-s.jpgここは、本当に大切なことです。言葉での表現は簡単ですが、ココを体で覚える事ができたら目に見えて上達します。私の場合は、長いこと大きな壁(バッジテスト1級挑戦)がありましたので、皆さんの悩みがよくわかります。

どんなスポーツでも上達の肝があります。そのことをいかに早く気づくかが上級者に成るため道なんです。しかし、これを教えてくれる人はいません。

なぜでしょうか? プロになる人は、ゴルフでもスキーでも私たち普通の人間が悩んでいる事は自然に克服していることなんで、分からないんですね。小さい時の体も頭も柔軟なときから始めた人には、一般の人が悩んでいる事が理解できないと思います。

勉強の出来る人(IQの高い人)が教えるのがヘタなのは、自分にとっては簡単な事が難しい
ことというのが、分からないからなんです。

話はとんでもない方向に行きましたが、この「肝」をどう克服していくかを練習方法をしたら短
期間で上達できるか、説明していきますね。






ターンの切り返しを覚える

スキーはスノーボートと比較して勝っていることは行動範囲が広いということですね。ツアー
ができます。場所によってはスキー場をいくつも回る事ができます。色んな斜面を滑ること
が出来ます。僕は志賀高原が大好きです。

ilm08_cf15011-s.jpgそのためには、どんな場所にも対応できるターンの技術を身につけておく事が必要です。
スキーのターンについて、勉強していきましょう。

前回も言ったことですが、ターンの切り返しを覚えるにはどんな練習方法をとったらいいか。
でしたね。ようするに、スキー上達「肝」です。ココをどう抑えるかで短期間で上達できる
か、肝心なところです。

練習する前に、思い浮かべてください。鉄棒があります。やっと足が地面に着いている状態
を思い浮かべてください。そして、体は正面を向いています。下半身だけを右に向けます。
腰から下です。この時はまだ足は地面に着いていますね。

上半身は正面に向いたまま、腰から下を右に回しこみます(左でもいいです)いっぱいまで
回したら、足を地面から話して見ましょう。

どうなりました?腰から下は、正面に返ってきましたね。体のねじれを感じませんでしたか?
この感覚です。スキーの板が横を向いていたのが、正面に返ってくる感覚と同じなんです。

このねじれたものを返す感覚を覚えなくては、スムーズなターンは出来ません。この捻れを
覚えるための練習は、目からつかむ方法も大切ですよ。

DVD沢山ありますが、どれか同じシーンを何回も何回も繰り返して見てると不思議にイメー
ジどおりに滑れている自分がいます(笑)

DVD上達レッスン スキー―思い通りに、美しく滑る!



Page: 1
フィード