整地ばかりで滑っていませんか!


ilm03_ad06016-s.jpgある程度スキーが上達すると整地では、技術の差は分かりません。しかし、深雪不整地
悪雪にいくと技術や経験の差がハッキリでます。

どうしても、整地で練習をつんでから・・となりますが、上達を望むなら色んな斜面で練習する
ことを進めます。

深雪が降れば、積極的にいきましょう。雪かきが終わっる前にゲレンデへ行きましょう。深雪
を滑ると突然スキーが上達します。理由は雪が教えてくれるのです。余計な動きをすると雪の
抵抗を受けてしまいます。

深雪になると上手く滑れないという人いませんか?そんな人は、慣れてないという事もありま
すが、力に頼ってスキーの向きを曲げようとしているのではないですか。

深雪では、自分でスキーを動かすのを我慢して落差をとることです。自然に曲がるのを待つ
感覚です。左右の雪の壁ができているので急激に向きを変えようとすると転倒します。

正しくスキー板に乗れていないとすぐに転倒します。ですから深雪を滑っていると自然に無駄
な動きがなくなって、自然な滑りが出来るようになるのです。

ある程度の急斜面でも真っ直ぐ滑る感覚です。ゆっくりスローモーションのような動きで前へ
前へと積極的に、身体は少し遅れ気味でもいいです。前のめりになると転倒しますよ。

新設の滑りを覚えると、一段とスキーが好きになります。そして、上達します。一石二兆ですね。
夜に雪が降ればチャンスだと思って早く寝て、一番にゲレンデへ直行です。

ライバルがゲレンデへ来た頃には、一段と差がついているでしょう。


タグ : , ,

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 整地ばかりで滑っていませんか!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.shikatoru.biz/mtos/mt-tb.cgi/20

コメントをどうぞ






フィード